引っ越し

引っ越し

忘れがちな引っ越しの準備、手続きについてチェックしてみました。

スポンサード リンク




<プライバシーポリシー>

引っ越し 手続き 役所

引っ越しの準備のなかで、忘れてはいけない事務手続きが、たくさんあります。
区役所や、役場で行わなければならない届出は、そのお宅によって違ってきます
ですから、どのような届出が必要なのか一覧にしておいて、一度に済ませてしまいましょうね。
時間があるときに、いっきに届出をしてしまえば、後は楽ですよ。
必要なものを準備して、スムーズに出きるようにがんばりましょうね。


●転出届け(引っ越し 手続きで絶対に忘れないこと)
他の市区町村へ引っ越しする場合は、転出届を提出して、「転出証明書」を取得します。
同じ市区町村へ引っ越しする場合は、引っ越しした日から、2週間以内に、転居届けを出します。
届出先は、住んでいた、住所地の市区町村役場です。
本人、または世帯主が届出を行いますが、この際に印鑑と身分証明ができるものが必要です。
転出届けは、新しい住所へ引っ越す前に、届出をしておく必要があります
届け出を忘れてしまうと、転出届を取りに行かないといけません。
引っ越し 手続きで転出届けは、絶対に忘れないようにしましょう。
発行された、「転出証明書」は引越し先での転入手続きに使用しますので大切に保管しておきましょう。


●国民健康保険に加入している場合 引っ越し 手続き
保険者は住んでいる市区町村です。
他の市区町村に移転する場合は、国民健康保険の資格喪失の手続きが必要です。
届出先は、住んでいた市区町村役場で、世帯主が届出をします。
印鑑と、保険証が必要です
届け出は、引っ越しから14日以内に行わなければいけません。
転出届を提出する時、国民健康保険の資格喪失手続きも、一緒に済ませておきましょう。


●印鑑登録の廃止の手続き
実印を持っている方が、他の市区町村へ移る場合、印鑑登録証を持参して、それを返却することが必要です。
現在の住所の、市区町村役場に印鑑登録をした本人が届け出ます。
必要なものは、印鑑登録証です。
転出届を提出した際に、手続き不要で、自動的に印鑑登録が廃止される市町村もあります


●子ども手当 引っ越し 手続き
数ヶ月に一度、自治体から、振り込まれる子供手当ても忘れずに手続きしましょう
他の市町村に引っ越す場合は、子ども手当ての、受給事由消滅届を提出します。
養育者が届け出ることになっていて、役場の届出用紙に記入しますので、印鑑も必要です。
同じ市区町村内に引っ越す場合は、住所変更届をだします。


   

引越し 準備 住所変更

引っ越しの準備で忘れてはいけないことが、各種の住所変更、移転届けです


水道 引っ越し 手続き


引っ越しでそれまで使っていた水道を止めたい場合、請求書、領収証に書かれている所轄の水道局営業所へ連絡を入れましょう。
地域によっては、市区町村水道課に移転の連絡をしなければならないところもあります。
連絡に準備しておく項目
・現住所
・契約者氏名
・引っ越し先の住所
・引っ越す日時
・お客様番号
引っ越しの3日前には、遅くとも連絡を済ませておいた方がいいでしょう
引っ越しの当日、水道料金の精算もできますが、新居へ請求書を送ってもらうこともできます。
水道の手続きは、自治体によって違がいがあるので、転居連絡を入れる際に、確認しておきましょう。
転居先では、すでに水道が開通しているので、蛇口をひねれば水が出ます。
使用開始はがきを書いて投函するだけでOKです。


  


電気 引っ越し 手続き


引っ越しが決まったら、電気の場合は、検針表、または、領収書に電話番号が書いてある、管轄している電力会社の支社へ電話をしましょう。
契約者が電話をして、次のことを伝えます。
・現住所
・契約者氏名
・引っ越しする日時
・新しい住所
・お客様番号などになります。
(お客さま番号は領収証に記載してあるので、準備しておきましょう)
遅くとも、引っ越しの3日前くらいには手続きを完了しておきましょうね。
事前に手続きが済んでいれば、精算して引っ越したい場合など、引越しの当日に、それまでの電気料金を集金に来てくれます。
また引っ越した新居に請求書を送ってもらうことも出来ます。


  


ガス 引っ越し 手続き


・ガス閉栓の連絡
引っ越しする3日前には連絡を入れておけば、引っ越し当日に集金が来ます。
その場でガス栓を止めて、ガス料金を精算することができます
新居へ請求書を送ってもらうこともできます。


・ガスの開通
引っ越しをした転居先では、ガスを開通する手続きが必要です。
新住所を管轄している、ガス会社に電話を入れます
マンションなどの賃貸の場合、ガス栓に連絡先などを書いた案内書がくくりつけてあります
それを見て電話を入れましょう。
契約者となる人が直接、連絡を入れましょう。
聞かれること
・住所
・契約者となる人の氏名
・転居してくる日時
・今まで使用していたガスの種類などです。
転入する、3日前には連絡を入れておくといいでしょう。
ガスは、会社へ連絡をして、ガスの元栓を開けてもらい、安全点検をしてもらわないと使えません。
ガスの開栓には、契約者の立ち会いが必要です。


  


電話/インターネット 引っ越し 手続き


引っ越しの準備の中で、早めに手続きしておいた方がいいのが、電話の移転です。
引っ越しする日が決まっていて、移転先の住所も確定しているのでしたら、早目に申し込みましょう。
現在でも家の固定電話を持っているおうちは多いでしょう。
引っ越しした先でも、すぐに電話が使えないと、とても不便です。
現地ですぐに電話使えれば何かと便利ですから、引っ越しすることが決まったら、すぐに、電話の移転を申し込みましょう。
電話の移転手続きは簡単で、局番は不要、116番に電話するだけです。
電話局の担当者にと聞かれることは、
・現在の電話番号、
・契約者名義
・現住所
・移転先の新住所
・使っている電話を止める日
・新居の方の開通希望日などです


それから、インターネットも契約している人は、そちら忘れずに接続業者へ連絡しましょう。

  


郵便局 引っ越し 手続き


郵便局へ移転連絡をして、郵便物を引っ越した所へ転送してもらうようにします。
もとの住所に送られてきた郵便物を、新居へ転送してくれるサービスです
最寄りの郵便局に行って転居届のハガキをもらって、必要事項を記入し投函するだけです。
転送スタート日を指定できます
転送サービスは、インターネットで申し込みも出来ます
1年間だけ有効ですが、
1年間を過ぎたあと、もう1度、転居届を出せば、また1年間、転送サービスが受けられます。


  


NHK料金 引っ越し 手続き


NHK料金は、口座から引き落としとか、クレジットカード払いで、払っていることも忘れている人も多いようです。
これも忘れずに準備しておきましょう。
N住所変更など、各種手続きにも、フリーダイヤルが使えます
・NHKのお客様番号
・現住所
・氏名
・引っ越しの日程
・新住所
移転の連絡を入れておけば、自動的に契約は継続されます。
その後新住所を管轄しているNHKから、請求がきます。


  


新聞 引っ越し 手続き


新聞を取っている人は、引っ越しすることを新聞屋さんに連絡することを忘れずに!
連絡しないと、出て行った後も新聞が配達されるので、その分のお金も払わなければならないことになります。
事前に販売店に電話を入れて、何日で新聞を停止するのかを伝え、引っ越しする前に、その分を集金にきてもらいましょう。
精算は日割り計算になります。


 


バイク 引っ越し 手続き


50ccから125ccのバイクを持っている人で、別の市区町村へ引っ越しをする場合、登録してある市区町村役所へ届出をします。
ナンバープレートと、標識交付証明書と印鑑を持参しましょう。
廃車申告書を提出して、廃車証明書をもらいます。
そして、新しい住所の市区町村役所へ、廃車証明書と住民票、住所を確認できるもの、印鑑を、持参します。
手続きが終われば、新しいナンバープレートと、標識交付証明書が発行されます。
126cc以上のバイクの場合、登録変更は、引越し前にする手続きはないです。


  


運転免許証 引っ越し 手続き


銀行などは、住所変更の身分証明書が必要ですから
最初に運転免許証を警察に持っていって住所変更をしてもらっておくと便利です
そうすれば、運転免許証を身分証明書として使えるので、各種の住所変更をするという順番にするといいです。
運転免許証の住所変更には、住民票が必要です。
ですから、すべての住所変更は、まずは住民票を移すことが先決ということでしょう


 


その他、引っ越し 手続き


銀行預金や郵便局預金
インターネットバンキング
クレジットカード
生命保険
損害保険
株券
家族全員の携帯電話
インターネットのプロバイダ
ETCカード
JAF
各種免許
各種会員
ポイントカードなど
今は、インターネットで登録内容を変更できるところも多いから、少しは楽ですよね。


  

学校の手続き



子供がいる家庭は、学校の手続きも忘れずに!

●幼稚園や保育園

移転先の自治体に確認しておきましょう。

どんなところが良いか事前に、インターネットなどで情報収集しておきましょう。
英会話を教えている幼稚園とか、水泳、体操などに力を入れている幼稚園とかいうのもあります。
子供に合った幼稚園が見つかるといいですね。





●小学校や中学校の義務教育
まずは、現在通っている学校へ、転校する旨を伝えます。
そして、教科書給与証明書(在学中の学校での使用教科書の一覧表)、また、在学証明書などを発行してもらう必要があります。
引越し先では、市区町村役場で住民票をとると、教育委員会からどの学校へ入るのか指定を受けますので、転入学通知書を発行してもらいます。


引っ越した後、移転先で指定された学校に、取得した、教科書給与証明書、在学証明書、それから、転入学通知書を提出します。
これが義務教育の転校手続きになります。
書類がいくつかいるので、忘れずに準備しておきましょうね





●高校
高校の場合は希望すれば、転校生を受け入れてくれるというわけにはいきません。
各、自治体の教育委員会に問い合わせをしてみましょう。
高校の場合は、編入試験に合格しないと転校は出来ないようになっています。


手続きや準備も大事ですけど、子供の気持ちのケアも大切でしょう。
子供は友達と別れる寂しさや、新しい学校への不安を、感じているでしょう。
転校して新しい友達が出きるのか、学校に馴染めるのか、といった不安になっている子供がほとんどだと思います。
仲良しの友達と別れてしまうことは、つらいでしょう。
親だって多少なりとも、不安があるでしょうから、子供はもっと不安だということを理解してあげてほしいと思います。


  

引っ越し 挨拶

引っ越しが決まったらアパートの家主さんや、ご近所にお世話になった方がいる場合、挨拶にまわることも、早めにしておきたいところです。
お世話になった方々には、引っ越しの前に、ご挨拶をしておきましょうね。


これまでのことを、きちんとお礼をしておくことが、大人としてのマナーですよね。
引っ越しで、トラックの出入りなどで、ご迷惑をかけることになる隣近所の人にも、ご挨拶をしておきましょう。
アパートなら両隣の方や、下の方など、引っ越しで騒がしい思いをさせてしまうかもしれませんので「何日に引っ越しますのでよろしくお願いします」と、引っ越し日を伝えておきましょうね。


引っ越しのご挨拶や、お礼に行く際、または、新居の貸主、近隣の方へのご挨拶には、何か持参する品を準備します。
持参する品は、ご近所でしたら、500円から1000円程度でよいでしょう。


また、大家さんでしたら2000円程度のものでよいと思います。
若い一人暮らしの人でしたら、300円程度のものでも良いかと思います
とにかく気持ちが大切です。
あまり高い物ですともらったほうも驚いてしまいます。
選ぶ品物は、消耗品がおすすめです。
入浴剤、またはタオルなどの日用品とか、ちょっとしたお菓子やクッキーなど、保存期間が長い菓子類も良いですね。
地方から引っ越ししてきた場合ですと、その地元の名産品もいいでしょう。


ご挨拶は大人としてのマナーですから、品物を持参して、きちんと行いましょうね。
引っ越したあと、何かと教えてもらったり、子供が迷惑をかけたり、ご近所とは常に関係があるのですから最初の挨拶が肝心ですよ。
笑顔で簡潔にご挨拶をして、新生活を気持ちよくスタートさせましょうね

  

引っ越し トップへ戻る